ノウハウ

SEOを知って検索上位を勝ち取ろう!|読まれる記事に必要なツール②

ブログを始める人が使えそうなSEO用語一覧|第2弾|か行(全46語)を解説しました!

こんにちは!『ブログ大全』管理人のぐっぴ(@guppyblogoo)です

誰でもかんたんに、ブログの作り方やブログ運営の方法がわかるようになることを願って、今日も投稿します

今日のトピックは「ブログを始める人が使えそうなSEO用語」について

ブログ初心者のはじめくん

前回の「あ行」は、すごいボリュームでしたね

ぐっぴ

はい!今回も46語、大量です!

全6弾中の第2弾目です

SEO用語に疎い人も、うろ覚えの人も、イメージを自分のモノにしてください!

もくじ
  1. SEO用語を初心者向けにわかりやすく解説
  2. か行
  3. まとめ

SEO用語を初心者向けにわかりやすく解説

あらためて、SEO(えすいーおー)とはサーチ・エンジン・オプティマイゼーション(Search engine optimization:検索エンジン最適化)の頭文字を取った略語です

  • S:Search(検索)
  • E:Engine(エンジン)
  • O:Optimization(最適化)

Google(検索エンジン)に評価されるように、ブログを改善していく取り組み全般を指す言葉がSEO

SEO

SEO=検索上位表示されるためにすること

前回同様、こんな感じで初心者にもわかりやすく「1語=1メッセージ」で表現しますね!

ありとあらゆるSEO用語をドドンと233ワード。SEO用語233ワード一覧は末尾に!気になる人はこちらをクリック

今回は「か行」(全46語)。それではどうぞ!

か行

まずは、海外SEOからいってみましょう!

43:海外SEO(かいがいえすいーおー)

SEOの海外版

外国における検索順位を向上させる施策。国によって使用する検索エンジンは違います

1位2位3位
日本Google
(76.4)
Yahoo!
(16.2)
bing
(6.7)
アメリカGoogle
(81.7)
bing
(11.0)
Yahoo!
(4.2)
ロシアGoogle
(56.1)
YANDEX
(41.7)
Mail.ru
(1.2)
中国Baidu
(82.5)
Sogou
(7.6)
bing
(3.5)
参照:「statcounter GlobalStats」|()は使用率:単位%

主な違いは以下の3つ

  1. 言語の違い
  2. コンテンツトレンドの違い
  3. 検索エンジンの違い

SEOは、検索エンジン毎に施策が変わるもの。国によってSEOの事情もちがい難易度も高くなりますが、やりがいはあります

44:外部施策|外部SEO

被リンクの質と数

以前は被リンクの「数」だけでよかったのが、現在では被リンク元の「質」も重要になりました

要因の 1 つに、そのコンテンツへのリンクまたは言及が他の著名なウェブサイトに含まれているか把握するということがあります。含まれていれば、多くの場合、その情報の信頼性が高いことを示す十分なしるしとなります

Google Search「コンテンツの質」

具体的な施策は超シンプル。それは、良質なコンテンツを作り、著名なWebサイト(E-E-A-T:第1弾参照)にリンクまたは言及してもらうだけ

45:外部リンク(がいぶりんく)

自ブログに貼った他サイトのリンク

自ブログに貼ったリンクを発リンク(第4弾参照)と言います

発リンクのうち、他サイトは外部リンク。自ブログ(サイト)は内部リンクです

46:隠しテキスト・リンク(かくしてきすと・りんく)

古いSEO(偽装行為)

ブログ内にキーワードとなるテキストやクローラーに回遊させるためのリンクを大量に紛れ込ませていたブラックハットSEO(第5弾参照)

不当に検索順位を上げるのが目的

Google のポリシーに違反する隠しテキストや隠しリンクの例としては、次のようなものが挙げられます。

  • 白の背景で文字の色を白にする
  • テキストを画像の背後に置く
  • CSSを使用してテキストを画面の外に配置する
  • フォントサイズまたは不透明度を 0 に設定する
  • 目立たない1文字(段落の中頃にあるハイフンなど)のみをリンクにすることで隠す
Google検索セントラル「隠しテキストと隠しリンク」

【チェック方法】該当コンテンツで全選択(Ctrl+A)→反転したテキストや画像の中に背景色と同じものがないかチェック

47:カスタマージャーニー

顧客心理の流れのまとめ

たとえ商品が良くても、購入経路でつまづくポイントがあると購入されません

コンバージョン(後述)を高めるため、顧客視点で考えるマーケティング手法の1つ

48:画像SEO(がぞうえすいーおー)

SEOの画像版

つまり、画像を最適化すること。サイズ変更・圧縮でデータサイズを軽くしたり、見栄え良い画像を使用したり

alt属性(第1弾参照)を設定したりしてコンテンツの評価を高める手法のこと

49:カニバリゼーション

自分が競合になっている状態

カニバリゼーション(カニバリ)とは、共食いの意味

自ブログの記事Aと記事Bが、同一の検索キーワード(検索意図)になり、競合し合っている状態

カニバリを起こしてしまうと、検索順位上位記事ABのGoogle評価は分散され、AB両記事とも2ページ目以降になったり、圏外に飛ばされることもあります

50:canonical(カノニカル)

Googleに1番の記事を伝えるための言葉

似たような記事がブログ内にあった場合、カニバラないようにカノニカル設定をします。使用例はこちら

<link rel=”canonical” href=”1番の記事URL”>

Googleは『canonical』をあくまでヒントとして捉えています(完全じゃありません)

「1番の記事URL」とは違った記事を1番と判断する場合もあり。noindex(第4弾参照)は命令として受け取ります

51:カルーセル

横に並んだ記事や画像

カルーセルとは回転を意味する言葉

ブログでは、スマホなどに表示される横スライド型の記事や画像を指す

似たような言葉に、スライドショー・スライダーがありますが、ほぼ同意。ループの有無で使い分ける人はいます

52:キーワードスタッフィング

キーワードの詰め込み

キーワードスタッフィング(Keyword stuffing)は、ブログ内やタイトル・ディスクリプションなどにあらゆるキーワードを詰め込む行為。「sutaff」が詰め込む意

現在では効果は無いとされています。ペナルティを受ける可能性も!

53:キーワードプランナー

キーワード分析ツール

キーワードの調査・分析のためのツール。検索ボリュームや競合性などクエリに関するデータが確認できます

使い方はこちらの記事を参考にしてください

ロングテールキーワードの探し方について根拠も交えて解説しました!
【初心者ブロガー必見】ロングテールキーワードでライバルに勝とう!『ブログ大全』ステップ8。ロングテールキーワードが必要な根拠と注意点をわかりやすく解説しました。中盤では実際に探し方を詳しく説明しています。ロングテールキーワードのポイントやユーザーの検索意図の考え方を学んでください...

54:キュレーションメディア

見やすくしたメディア

キュレーションは美術館にいる学芸員(キュレーター)から派生したWeb用語

キュレーターが多様な展示品を観やすく展示するように、見やすくしたメディア(Webなど)をキュレーションメディアと呼ぶ。いわゆるまとめサイト

55:共起語(きょうきご)

同時に使われやすい言葉

キーワードで検索したとき、キーワードと一緒に文中でよく使われる言葉を共起語と言います

Googleは文章では理解できません。たとえ読みやすい記事でも、共起語が少ないためにGoogle低評価なんて場合も!

56:強調スニペット(きょうちょうスニペット)

ブログ記事の抜粋

検索ブラウザの表示順位1位よりも先に表示される強調スニペット、検索順位「0位」と呼ぶ人もいる

スニペットは「断片」の意味。主にGoogle検索結果画面の最上部に大きく表示されるコンテンツのこと

57:Googleアナリティクス4

ユーザー反応の分析ツール

グーグルアナリティクス4(GA4)はGoogleが無償で提供しているブログ内でのユーザーの反応を測る分析ツール

Googleアナリティクス4で測れるエンゲージメント(ユーザーの反応)とは主に次の3つです

  1. 10秒以上の滞在
    ※管理画面から10秒刻みで変更可
  2. 2ページ以上の閲覧
  3. CVイベントの発生
『GA4設定アシスタント』かんたんに移行する方法について解説しました!
【画像付き】GA4設定アシスタントでカンタンに移行しよう!ブログ大全、ステップ6。ブログ初心者にまず知っていただきたいGoogleアナリティクスの機能についてくわしく説明しています。Googleアナリティクス4の設定方法、なぜ変わったかの解説と基本的な使い方やさしく説明しています...

58:Googleが掲げる10の事実

Googleの経営理念

『Googleが掲げる10の事実』

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
  2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番
  3. 遅いより速いほうがいい
  4. ウェブ上の民主主義は機能する
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる
  10. 「すばらしい」では足りない

Google がこの「10 の事実」を策定したのは、会社設立から数年後のことでした。Google は随時このリストを見直し、事実に変わりがないかどうかを確認しています。

「Google が掲げる 10 の事実」

59:Google広告(旧グーグルアドワーズ)

Googleに出す広告

Google広告は検索エンジンGoogleで行う広告の配信・管理ツール

広告主は広告費を自由に決められ、やめることもすぐにできます

60:Googleサーチコンソール

ユーザーがブログを見る前の分析ツール

Googleサーチコンソール(Google Search Console)では、主に「表示回数」「クリック率」「掲載記事」「掲載順位」「被リンク(第5弾参照)」をチェックできる

Googleアナリティクス4が『ブログ内でのユーザー反応の分析ツール』だとしたら、Googleサーチコンソールは『ユーザーのブログ閲覧前の分析ツール』と言えます

略して「サチコ」と呼ばれることも!

Googleサーチコンソールについてくわしく解説しました!
【初心者必見】Googleサーチコンソールで見るべきはココ! こんにちは!『ブログ大全』管理人のぐっぴ(@guppyblogoo)です 誰でもかんたんに、ブログの作り方やブログ運営の方法がわ...

61:Googleディスカバー

サーチレス検索(キーワードを指定しない検索)

Googleディスカバー(Google Discover)はGoogleの検索ボックス下部に表示されるユーザーが興味関心を持ちそうなコンテンツを検索履歴や場所、端末の種類などの情報を元にカード型にして表示するサービスのこと

表示されるコンテンツとしては、ニュースページが多い。Googleディスカバーに取り上げられることを『Google砲』と呼びます

62:Googleトレンド

人気急上昇のキーワードがわかるサービス

Googleトレンド(Google Trends)はGoogle検索における世界中のトレンドを調べられるサービスです。国や地域、期間を指定して調査することも可能

SEOにおいてはキーワードの選定(特にニュースなどの即効性の高いジャンル)に役立つツール。旬のキーワードはGoogleトレンドでチェックしましょう!

63:Googleビジネスプロフィール

検索画面右側に出る企業情報

PCだとGoogle検索画面の右側に出てくる企業情報のこと

登録しなくてもある程度の情報は出てくるが、登録すればより細かい情報が表示される

登録は『ビジネス プロフィールに登録する』からどうぞ!

64:クエリ

ほぼ検索キーワード

クエリ(Query)は「問い合わせ」の意味。いわゆる検索キーワードのことを指すSEO用語

正式には検索クエリと言うが、略してクエリと言われることが多い

クエリを次の4つに分けられるようになると、ユーザーの検索意図を満たしたブログになり満足度の高い記事になります!

  1. Knowクエリ(知りたい)
  2. Goクエリ(行きたい)
  3. Doクエリ(したい)
  4. Buyクエリ(買いたい)⇒キラーコンテンツになる!

65:QDF(Query Deserves Freshness)

Googleのアルゴリズム(第1弾参照)の1つ

関連性のある情報のうち新鮮なものを上位に表示させる仕組み

たとえば、「マイケル・ジャクソン」という検索キーワードに対する検索結果では、通常『公式サイト』が1位に来るが、マイケル・ジャクソンが亡くなったときは、そのニュースを報じるページが上位に表示されていた

66:QDD(Query Deserves Diversity)

Googleのアルゴリズム(第1弾参照)の1つ

クエリ(検索キーワード)に対して複数の意味付けがある場合に多様なコンテンツを検索結果に表示させる仕組みのこと

たとえば「カップ」で検索した場合、以下それぞれが検索結果に表示される

  • 飲み物を飲む時に使用する「カップ」
  • ワールドカップなどの賞杯を意味する「カップ」
  • 女性の下着のサイズを表す「カップ」

67:クリックベイト

釣りタイトル

クリックベイト(Click bait)とは、アクセス稼ぎ目的で過剰な見出しを付けた中身の薄い記事。ベイトは「エサ」の意味

68:グレーハットSEO

ホワイトでもブラックでもないSEO

ホワイトハットSEO(第5弾参照)とブラックハットSEO(第5弾参照)の中間に位置するSEO

Googleからのペナルティリスクも0ではないため推奨されないが、初心者ブロガーは狙った方が良いとされるSEO

たとえば「被リンクの獲得」

作業で被リンクが獲得できる方法は、Shotaさんがわかりやすくまとめてくれています『自分で被リンクを獲得できる無料サービス34選|ドメインパワー強化

ぜひ初心者ブロガーは参考にしてみてください

ドメインパワーは『パワーランクチェックツール』(無料)で計測できます

おかげさまで開設1ヶ月の『ブログ大全』も【0⇒9.8】にパワーアップ!

69:クローキング

クローラーとユーザーとで見える記事を変えるスパム行為

Googleに認識させるページと実際に訪れたユーザーとで別々のページを表示させるよう設定する行為

クロークは「覆い隠すもの」の意味。プログラム不良で意図せず起こる可能性もあり

70:グローバルナビゲーション

トップページの上部にあるリンク集

ブログトップの上部にある、各カテゴリーへのリンクボタン群のこと

グロナビ、ナビゲーション、グローバルメニューと言われることも

71:クローラー

情報収集ロボットプログラム

図書館司書のような役割

検索エンジンの順位を決めるために必要なインターネット上にある情報を収集するロボットプログラムのこと

各検索エンジンやサービスごとに専用クローラーは存在します

  • Googlebot(Google)
  • Bingbot(bing)
  • Applebot(Apple)
  • Baidu Spider(百度)
  • Facebookクローラー(Facebook)

72:クローラビリティ

クローラー最適性を表現する言葉

クローラーがブログ内を効率よく巡回できるようにすること。またはそのためにブログ全体を整理整頓すること

クローラビリティを高める事で、新しく作成したブログ記事や更新記事が検索エンジンに認識されやすくなります

クローラビリティをあげるためにはGoogleサーチコンソールでの分析がかかせません!

Googleサーチコンソールについてくわしく解説しました!
【初心者必見】Googleサーチコンソールで見るべきはココ! こんにちは!『ブログ大全』管理人のぐっぴ(@guppyblogoo)です 誰でもかんたんに、ブログの作り方やブログ運営の方法がわ...

73:クロール

クローラーが巡回している状態

クローラーがインターネットを巡回しデータ収集する状態をクロール、またはクローリングといいます

74:KPI(けーぴーあい)

短期的な数値目標

KPIはKey Performance Indicatorの略語。目標に対しての達成具合を数値化したもの。またはそうした目標設定

(KPI例)

  • 3か月以内に月間のPV数を1万にする
  • 半年以内にブログのCTRを3%上げる

75:権威性(けんいせい)

Googleが認めた人およびサイト

権威性(Authoritativeness)とはGoogleの検索ランキングを決定する際に大きく影響を与えるE-E-A-T(第1弾参照)の1つ

たとえば、医者は権威性の代表例。治療の情報は、個人ブログより権威性ある医者や病院の情報が上位表示されます

76:検索クエリ(けんさくくえり)

クエリ

クエリと同じ意味

77:検索ボリューム(けんさくぼりゅーむ)

月間の平均検索回数

キーワードがどの程度検索されているのか判断するための数字。検索ボリュームは、キーワードプランナーを使ってチェックできます

78:CTA(コールトゥアクション)

ユーザーへの行動喚起

CTAとは(Call To Action)の略語。記事の最後に設置された申込みボタンや登録ボタンを指す言葉。最後の後押し

79:コアアップデート

アルゴリズムの大きな変更

検索エンジンが定期的に行うアルゴリズム変更の中でも大規模な変更のこと。年に数回(2~4回)

変更前後でそれまでとは検索順位が大きく変動したりするため、Web担当者はその度に戦々恐々としている

名称(〇〇アップデート)年月内容
パンダ2011年2月高品質なコンテンツを高評価
フレッシュネス2011年11月新鮮な情報を高評価
ペンギン2012年4月ブラックハットSEOを低評価
ベニス2014年12月位置情報を検索結果に反映
医療健康2017年12月医療機関の情報を高評価
中でも大きかったコアアップデート

80:コア・ウェブ・バイタルズ

検索順位に影響する指標

コア・ウェブ・バイタルズ(Core Web Vitals)は、ブログの情報「以外」でユーザー体験の質を表す指標

ブログの表示速度など、ユーザーが使いやすいとする指標

主に次の3つがある

  1. FID(初回入力遅延)※第1弾参照
  2. LCP(最大コンテンツ描画)※第1弾参照
  3. CLS(累積レイアウト変更)※第3弾参照

検索ランキングに影響を与える大事な項目です。現段階での指標は、読み込み速度・視覚的な安定性・対話性の3つ

81:更新日(こうしんび)

リライトして「更新ボタン」を押した日

ブログ記事が最後に更新された日付

キーワードに対し時間軸が重要な場合は更新頻度はユーザービリティ上で重要な要素になり、そもそもユーザーは新しい情報を好む性質があります

更新頻度が高いからといってSEO効果はありません。それよりもコンテンツの質を高める方がSEO効果は期待できます

82:構成案(こうせいあん)

記事構成の案

記事全体の構成を大まかに割り出しまとめて配置したもの

  • タイトル(H1)※第1弾参照
  • ディスクリプション※第4弾参照
  • 見出しの数
  • 小見出しの数
  • 各見出しの文章・画像の配置……

これらを書き出した資料のこと

83:構造化データ(こうぞうかでーた)

検索エンジンに理解させるための情報

  1. 構造化データ:検索エンジンに理解させるための情報
  2. マークアップ:構造化データをブログ内に実装すること

(使用例)構造化データのマークアップ

構造化データのマークアップによる検索順位の変動には直接影響しません

しかし構造化データのマークアップによって、検索結果にリッチリザルト(第6弾参照)が付される場合はあります

専門的で素人には手の出しづらい領域。構造化データのマークアップされた有料テーマを購入するか、プラグインにより実装は可能です

WordPressに必須なプラグインについて解説しました!
必須!WordPressで使えるオススメのプラグイン10選『ブログ大全』ステップ2。WordPressで導入必須級のおすすめプラグイン10選を紹介します。あわせてプラグイン導入方法や注意点も解説。WordPressのプラグインはどれを選べばいいのか分からない人は、ぜひ参考にしてみてください!...

プラグインは必ずテーマに合ったものを、そして入れ過ぎ注意です!

84:コンサルティング

専門家

SEOでは、SEOコンサルティングと呼ばれ、SEOの専門家(プロ)になります

集客数アップや売上アップをSEOで解決したいとき、SEOコンサルティングに依頼します

  1. ヒアリング
  2. 分析・調査
  3. 戦略・戦術の立案
  4. 対策キーワードの選定
  5. 施策提案・実行
  6. SEOコンテンツの作成
  7. レポーティング
  8. 再度分析・調査

上記がSEOコンサルティングの業務内容(例)になります。ただし、実際に何をやっているのかわかりません

ダマされないためにも、ある程度の知識は身につけておきましょう!

85:コンテンツSEO(こんてんつえすいーおー)

良質な記事を発信しつづけること

良質な記事を増やす事で検索エンジン(Google)の検索順位を上げ、流入者数を増やす施策。SEOの1つであり、本質

86:コンテンツマーケティング

良質な記事で商品やサービスが売れる仕組みをつくること

質の高いコンテンツ(ブログ記事)を増やし顧客を獲得する仕組みづくり。コンテンツSEOと同義

87:コンバージョン(CV)

目標の達成

目標は、それぞれで異なる。例として、ブログであれば「広告のボタンを押した」とか、実際に「商品が購入された」「お問合せが完了した」などがあげられます

コンバージョンはブログ運営者が任意で設定するものです。設定したい人はGoogleアナリティクス4で行いましょう!

88:コンバージョン率最適化(CRO)

CVRの最適化

CROはConversion Rate Optimizationの略語、CVRはコンバージョン率

ブログで、ユーザーは増加しているがコンバージョンに至らない場合、コンバージョンまでの導線を工夫(デザイン変更・CTAの改善など)し最適化すること

まとめ

SEO用語集第2弾、か行(全46語)をお届けしました

はじめくん

今回もスゴイ量でしたね!

ぐっぴ

はい!おかげで、わたしも勉強し直せました!

このシリーズでは、全6弾、全233ワードをお届けします!

それでは、また第3弾(さ行:41語)でお会いしましょう。おたのしみに!

ブログを始めるならWordPressで!以下記事を参考にすれば、カンタンに始められますよ!

WordPressブログの始め方「かんたんセットアップ」について解説しました!
WordPressブログの始め方|効率よくインストールする方法をカンタン解説!ブログ大全ステップ1。ブログ初心者でも、たった10分で出来るWordPressブログの始め方を解説しています。コノハであれば、初心者でもスマホ片手で出来るくらい簡単なので、ブログ立ち上げに挫折された方にもおすすめです!...

全233語一覧

SEO用語233語一覧はこちらです!

【第1弾】あ行(42語)

  • 1:IPアドレス
  • 2:RPM
  • 3:アイキャッチ画像
  • 4:アウトバウンドリンク
  • 5:アクティブユーザー
  • 6:アトリビューション
  • 7:アフィリエイト
  • 8:Above the fold(アバブ・ザ・フォールド)
  • 9:アルゴリズム
  • 10:アンカーテキスト
  • 11:AMP(アンプ)
  • 12:E-E-A-T
  • 13:インタースティシャル広告
  • 14:インデックス
  • 15:インデックスページ
  • 16:インバウンドリンク
  • 17:インプレッション
  • 18:インプレッション収益
  • 19:ウェブストーリー
  • 20:HTTPS(えいちてぃーてぃーぴーえす)
  • 21:HTTPステータスコード
  • 22:H1(えいちわん)
  • 23:エゴベイト
  • 24:SEM(えすいーえむ)
  • 25:SEO(えすいーおー)
  • 26:SEOツール(えすいーおーつーる)
  • 27:SPA
  • 28:FID
  • 29:MEO(えむいーおー)
  • 30:MAツール
  • 31:LCP
  • 32:LP(えるぴー)
  • 33:オーガニック検索
  • 34:オーガニックリンク
  • 35:OGP
  • 36:オーソリティサイト
  • 37:オールドドメイン
  • 38:オウンドメディア
  • 39:オフページSEO
  • 40:オリジナルコンテンツ
  • 41:alt属性(おるとぞくせい)
  • 42:音声検索(おんせいけんさく)

【第2弾】か行(46語)★★★この記事★★★

  • 43:海外SEO(かいがいえすいーおー)
  • 44:外部施策|外部SEO
  • 45:外部リンク(がいぶりんく)
  • 46:隠しテキスト・リンク(かくしてきすと・りんく)
  • 47:カスタマージャーニー
  • 48:画像SEO(がぞうえすいーおー)
  • 49:カニバリゼーション
  • 50:canonical(カノニカル)
  • 51:カルーセル
  • 52:キーワードスタッフィング
  • 53:キーワードプランナー
  • 54:キュレーションメディア
  • 55:共起語(きょうきご)
  • 56:強調スニペット(きょうちょうスニペット)
  • 57:Googleアナリティクス4
  • 58:Googleが掲げる10の事実
  • 59:Google広告(旧グーグルアドワーズ)
  • 60:Googleサーチコンソール
  • 61:Googleディスカバー
  • 62:Googleトレンド
  • 63:Googleビジネスプロフィール
  • 64:クエリ
  • 65:QDF(Query Deserves Freshness)
  • 66:QDD(Query Deserves Diversity)
  • 67:クリックベイト
  • 68:グレーハットSEO
  • 69:クローキング
  • 70:グローバルナビゲーション
  • 71:クローラー
  • 72:クローラビリティ
  • 73:クロール
  • 74:KPI(けーぴーあい)
  • 75:権威性(けんいせい)
  • 76:検索クエリ(けんさくくえり)
  • 77:検索ボリューム(けんさくぼりゅーむ)
  • 78:CTA(コールトゥアクション)
  • 79:コアアップデート
  • 80:コア・ウェブ・バイタルズ
  • 81:更新日(こうしんび)
  • 82:構成案(こうせいあん)
  • 83:構造化データ(こうぞうかでーた)
  • 84:コンサルティング
  • 85:コンテンツSEO(こんてんつえすいーおー)
  • 86:コンテンツマーケティング
  • 87:コンバージョン(CV)
  • 88:コンバージョン率最適化(CRO)

【第3弾】さ行(41語)

  • 89:SERP(Search Engine Result Pages)
  • 90:最終更新日(さいしゅうこうしんび)
  • 91:サイテーション
  • 92:site:
  • 93:サイトマップ
  • 94:SXG
  • 95:サジェスト
  • 96:サテライトサイト
  • 97:サブスクリプションモデル
  • 98:サブディレクトリ
  • 99:サブドメイン
  • 100:301リダイレクト
  • 101:302リダイレクト
  • 102:GRC(じーあーるしー)
  • 103:CSS(しーえすえす)
  • 104:CMS(しーえむえす)
  • 105:CLS
  • 106:CGM(しーじーえむ)
  • 107:CTR(しーてぃーあーる)
  • 108:CPM(しーぴーえむ)
  • 109:CPC(しーぴーしー)
  • 110:自然検索(オーガニック検索)
  • 111:自然言語処理(しぜんげんごしょり)
  • 112:常時SSL(じょうじえすえすえる)
  • 113:Similar web(しみらーうぇぶ)
  • 114:指名検索(しめいけんさく)
  • 115:手動による対策(しゅどうによるたいさく)
  • 116:ジョン・ミュラー
  • 117:Squoosh
  • 118:スニペット
  • 119:スパムリンク
  • 120:スピードアップデート
  • 121:スモールキーワード|ロングテールキーワード
  • 122:3C
  • 123:静的なページ(せいてきなぺーじ)
  • 124:セッション
  • 125:セマンテック検索(せまんてぃっくけんさく)
  • 126:ゼロクリック
  • 127:ソーシャルシグナル
  • 128:ソーシャルメディアSEO
  • 129:相互リンク(そうごりんく)

【第4弾】た行(20語)

  • 130:代替テキスト(だいたいてきすと)
  • 131:タイトル
  • 132:ダイバーシティーアップデート
  • 133:W3C(World Wide Web Consortium)
  • 134:重複コンテンツ(ちょうふくこんてんつ)
  • 135:長文SEO(ちょうぶんえすいーおー)
  • 136:著者情報(ちょしゃじょうほう)
  • 137:直帰率(ちょっきりつ)
  • 138:DNS(どめいんねーむしすてむ)
  • 139:TDH1
  • 140:ディスクリプション
  • 141:テクニカルSEO
  • 142:動的なページ(どうてきなぺーじ)
  • 143:トピッククラスター
  • 144:ドメイン
  • 145:ドメイン貸し
  • 146:ドメイン(URL)正規化
  • 147:ドメインパワー
  • 148:ドメイン名(どめいんめい)
  • 149:トラフィック

【第4弾】な行(12語)

  • 150:内部施策(ないぶしさく)|内部SEO
  • 151:内部マーケティング
  • 152:内部リンク(ないぶりんく)
  • 153:ナチュラルリンク
  • 154:NAP
  • 155:ナレッジパネル
  • 156:ニーズメット(Needs Met)
  • 157:ニッチ
  • 158:日本語ドメイン(にほんごどめいん)
  • 159:ネガティブSEO(ねがてぃぶえすいーおー)
  • 160:noindex属性(のーいんでっくすぞくせい)
  • 161:nofollow属性(のーふぉろーぞくせい)

【第5弾】は行(36語)

  • 162:パーソナライズド検索(ぱーそならいずどけんさく)
  • 163:BERT(ばーと)
  • 164:パーマリンク
  • 165:ハイパーローカル
  • 166:発リンク(はつりんく)
  • 167:ハミングバードアップデート
  • 168:パンくずリスト
  • 169:パンダアップデート
  • 170:bing(ビーイング)
  • 171:ヒートマップ
  • 172:Visual Site Mapper
  • 173:ビッグキーワード
  • 174:被リンク(ひりんく)
  • 175:ファーストビュー
  • 176:ファビコン
  • 177:ブラウザ
  • 178:ブラックハットSEO(ぶらっくはっとえすいーおー)
  • 179:ブランドキーワード
  • 180:プレスリリース
  • 181:フレッシュネスアルゴリズム
  • 182:ブログ
  • 183:PWA(プログレッシブ・ウェブ・アプリケーション)
  • 184:ブランディング
  • 185:FAQ(フリークエントリー・アスクド・クエッションズ)
  • 186:ページスピードインサイト
  • 187:ページビュー(PV)|表示回数
  • 188:平均セッション時間(へいきんせっしょんじかん)
  • 189:平均ページ滞在時間(へいきんぺーじたいざいじかん)
  • 190:ペイドリンク
  • 191:ペナルティ
  • 192:ペルソナ
  • 193:ペンギンアップデート
  • 194:ポイズニング
  • 195:他の人はこちらも質問
  • 196:ホワイトハットSEO
  • 197:ポッドキャスト

【第6弾】ま行(6語)

  • 198:マークアップ言語(まーくあっぷげんご)
  • 199:ミドルキーワード
  • 200:目次(もくじ)
  • 201:モバイルファーストインデックス(MFI)
  • 202:モバイルフレンドリー
  • 203:モバイルフレンドリーテスト

【第6弾】や行(7語)

  • 204:Yahoo検索エンジン(やふーけんさくえんじん)
  • 205:Yahoo!プロモーション広告(やふーぷろもーしょんこうこく)
  • 206:UI(ゆーあい)
  • 207:URL(ゆーあーるえる)
  • 208:UX(ゆーえっくす)
  • 209:ユーザビリティ
  • 210:YMYL

【第6弾】ら行(20語)

  • 211:Lighthouse(らいとはうす)
  • 212:ランキング
  • 213:ランクブレイン
  • 214:リード文(りーどぶん)
  • 215:リスティング広告(りすてぃんぐこうこく)
  • 216:リダイレクト
  • 217:リッチコンテンツ
  • 218:リッチリザルト
  • 219:リライト
  • 220:リンク切れ(りんくぎれ)
  • 221:リンクジュース
  • 222:リンクビルディング(リンク構築)
  • 223:リンクポピュラリティ(リンク人気)
  • 224:ルートドメイン
  • 225:レイジーロード(Lazy Load)
  • 226:レスポンシブ
  • 227:レンタルサーバー
  • 228:ローカルSEO
  • 229:robots.txt
  • 230:ロングテールワード

【第6弾】わ行ほか(3語)

  • 231:ワードプレス
  • 232:ワイヤーフレーム
  • 233:#0044CC
ABOUT ME
ぐっぴ
『現役カウンセラー』がブログ論に挑戦!ブログ初心者へ『ブログ大全』では「ブログ関連のコンテンツ」①作り方+②書き方+③ノウハウ+④収益化、4つのカテゴリーで計100ステップお届けします。階段を1段ずつ登るように1記事ずつ読み進めてみてください。誰でもカンタンにブログ運営できるようになりますよ